Ready at Dawn

時事問題について書いています。

地下駅シェルター化を

 

8/1(月)産経新聞より

地下駅シェルター化検討

政府会合「気密性困難」

(中略)

核弾頭や生物化学兵器が搭載された場合、気密性の確保が求められるが、現状の地下駅舎については「気密性の確保は困難」と判断した。内容は機微に触れるため、公表を見送った。

 

政府は平成29年に内閣官房総務省消防庁国土交通省防衛省など関係省庁による「弾道ミサイルを想定したシェルターのあり方に関する検討会」を設置した。翌年にかけて数回、会合を開き、専門化や地下鉄事業者などからヒアリングを行った。

(中略)

NPO法人「日本核シェルター協会」の平成14年の調査によると、どのくらいの国民を収容できるシェルターが国内にあるかを示した普及率は、スイスとイスラエルが100%、米国82%、英国67%に対し、日本は0.02%にすぎない。関係者によると、論議の過程で、特定地域に核攻撃に耐えられるシェルターを作るべきだとの意見も出たが、立ち消えになったという。

(中略)

露侵攻長期化 必要性増す地下シェルター

避難施設9.4万カ所 改修急務

長期化しているロシアのウクライナ侵攻を受け、日本でも地下シェルターへの関心が高まっている。だが、整備に向けた政府の腰は極めて重い。

(中略)

シェルターの新設は膨大な予算が必要となるため、既存施設を活用することになる可能性は高い。北朝鮮の軍事的挑発は現実的な脅威であり、政府は本気で対策に取り組む必要がある。今のままでは国民の命はとても守れない。

 

 

 

 

自衛隊は常に物不足

産経新聞 8/1(月)の櫻井よしこ氏「美しき勁き国へ」に、安倍晋三元首相が語っていたことが綴られていました。

5月20日のインターネット番組「言論テレビ」では「首相の時は言えなかったが、この際はっきり言わなければいけない。自衛隊には継戦能力がない。機関銃の弾からミサイル防衛の(迎撃ミサイル)『SM3』に至るまで、十分とはいえない」と吐露した。

 

ネットで検索してみたら、元自衛官の方が「自衛隊の支給品の実態」について書いていました。

【自衛隊の支給品の実態】元自衛官DKが教えます! | 元自衛官 家具職人 シンプリスト

(2022/1/5)

 

その他雑費は銃剣止めや脱落防止紐や延長弾帯、数えるとキリがないくらい自腹で購入しました。

 

理由は1つです。

 

戦闘装着セットと、共有で使用する物品だけでは足りないのです。

 

自衛隊はモノが常に不足しています。

 

私が在籍していた13年間だけでも1度たりとも十分に足りてるといった事がありませんでした。残念ながら…

 

車が足りないから他の部隊に借りたり、テントやストーブも同じで最悪は銃や防弾チョッキの割り当てが無いときすらありました。

 

(中略)

 

演習やお金のかかる訓練を1年我慢して自衛官に十分な武器や弾薬、補給品などを配布できないものでしょうかね?

 

会計的に違う管理であるならそれを何故上のものはもっと上の国家レベルで意見具申していかないのでしょうか?

(中略)

 

最後に一番困っていると思う雨衣(カッパ)だけでも改善、年一更新してあげてもらいたいものです。

 

隊員たちは何年も同じ雨衣を着るため絶対と言っていいほど中の戦闘服は濡れています。

 

私もその1人でした。

 

まずはこういう小さいものから改善をしてもらいたいものですね。

 

 

もしも、防衛費がGDP比2%に増えたら、まずは自衛隊の物不足を解消するのが重要なのではないかと思いました。